ヤリろぐ| 直感とやりたいだけで生きる

人生を「直感」と「やりたい」だけで生きている変人のブログです。

人生逃げまくって、「何も極めもない」ことを極めたプロ  おすぴーのプロフィール

f:id:blackspider-playboy-cool:20180717082310p:plain

みなさん、はじめまして!

「何も極めないプロ」として、とりあえず何でもやってる

おすぴー(@osupiweb))です。

 

これまでの僕の人生をセキララに書いたプロフィールです!

 

「何も極めないプロ」おすぴーって何者!?

f:id:blackspider-playboy-cool:20180717075618j:plain

名前は杉浦 友紀(スギウラ トモキ)

1990年生まれ、長野県松本市の28歳。

高校卒業までの18年間を地元で過ごし、大学進学で愛知県へ。

就職の関係で一旦地元に戻るも、つまらない日々に嫌気がさし、

愛知に出戻りして4年目になります。

 

様々な職種を転々としたのち、現在は

半分会社員、半分フリーランスのwebコーダー/ディレクターをメインに

仕事をしています。

 

というか、興味持ったことは何でもやってみるタイプなので、

  • web運用全般のアドバイザー
  • 愛知にある代々続く味噌屋さんとの商品開発
  • 仮想通貨のマイニング
  • 古民家の改装 / DIY

と、勝手にせわしなく生きています。

 

このあたりで既に「こいつ、何も極める気ないな。」感が

出てますね。

次の章からは僕が、「ズッコケまくり逃げまくってきた人生」

を振り返ってみました!

 

「自分の思うように自由でいいよ」と言われてきた子供時代

保育園までは母子家庭で小学校に入ると同時に両親が再婚し、

引っ越すことになったので、小学1年にして友だち0状態からスタート

しました。

 

<誰とでも仲良くなるため頑張ってたの小学時代>

入学と同時に引っ越したので、それまでの友だちは誰もいませんが、

そこはあまり気にしていませんでした。

 

一応「男」ですし、小さい頃って「一度遊んだら友達」みたいな感じ

あるじゃないですか。だから友だちはすぐにできました。

 

ただ当時から養われたのが、「誰とでも平均的に仲良くなる力」。

言い換えれば「誰にも嫌われたくない力」です。

 

友だち0からスタートしたので、当時の僕は「友だち」の数が全てで

同じクラス、違うクラス関係なく誰とでも分け隔てなく仲良くする

術を覚えました。

 

<いいも悪いも影響力の凄さを目の当たりにした中学時代>

 中学校がまた変わっていて、山形村朝日村という2つの村と

統合された中学校に進学しました。

 

一気に生徒数が増えるので、小学校の友だちは同じクラスに5〜6人。

また振り出しに戻った感がありました。

 

中学の時に思い知ったのが、 「影響力」

 

僕は滑舌が良くないのですが、そのことをかなりバカにされました。

中学の時期ってクラスに1人か2人はちょっとガラの悪い感じの

男子っていませんでしたか?

 

彼らっていい意味でも悪い意味でも影響力があって、

思春期と重なる時期でもあるので、周りもそれに同調しちゃうんです。

 

それまで