MENU

【脱】のり塩に続け!【脱】小麦製品!?最近よく聞くグルテンフリーについて学んでみた件

f:id:blackspider-playboy-cool:20180420173740j:plain

みなさん、こんにちは!

何も極めないプロ おすぴーです。

 

前回の投稿、、、【脱!のり塩宣言】をしながらも

自分で素材を厳選し、「日本一旨いのり塩を作る!」

という宣言をしたらそっちの方がみんなが食い付いたことに

嬉しいような、悲しいような、、、

まぁ、でも作りますけどw

 

大好きなのり塩は最近辞めましたが、実は他にも辞めたことがあります。

それは、朝ごはんに食パンを食べていたという習慣です。

これについては2年ほど続いています。

 

この習慣…というか、パンや小麦製品をなるべく取らなくなったこと

にも一応理由があり、改めて勉強をしていたら、

グルテンフリー」なる言葉を知り、ちょっと興味があったので

簡単に綴ってみます。

 

「食パンは辞めた方がいいよ」と美人さんに言われたのがキッカケ

みなさんは朝ごはんは食べる派ですか?

食べない派ですか?

 

食べると言う人は朝何を食べるのでしょう?

ご飯を食べる人、パンを食べる人、ヨーグルトやスムージー

その人の生活によって、食べるものは変わってきます。

 

僕は今は朝ごはんをほとんど食べることはありません。

というか、朝は起きたら20分も経たず、家を出ますw

ここ2年ほど、朝は食べないスタイルで生活をしています。

 

ではその前はどうだったかというと、

毎朝欠かすこと無く朝ご飯を食べていました。

その時に食べていたのが、「食パン」でした。

律儀に毎日毎日、朝には食パン一枚。

それが僕の朝の習慣でした。

 

食パンだった理由は、単純に楽チンで安かったからです。

何だかんだで、朝は忙しいもので簡単に済ませたかったのと

「朝ごはんは食べなくちゃいけない!」という

固定概念があったんだと思います。

 

そんなある時、とある美人のお知り合いとお茶をする機会があり

話題が朝ごはんになって、僕が朝は食パンだけで過ごしている

とお伝えすると、その美人さんから

「それはやめた方がいいよ!」

って言われました。

 

最初、僕は朝ごはんにパンを食べることがまずいのか、

朝ごはんを食べること自体がまずいのか、分かりませんでした。

その美人さん曰く、

「今、市販されている食パンなどに使われている小麦は

生産国などが曖昧で、残留農薬などもすごいんだよ!」

 

よくメディアなどでは、輸入された食品が危ないとか、

残留農薬が身体に良くないとかなどの情報が発信されており、

多少は意識していたつもりでしたが、

改めて、自分の知り合いに言われてみるとちょっと怖くなりました…

 

身体に明らかな悪影響はさほど出ていないものの、

実家を出て一人暮らしを始めてからというもの、すぐに体調が悪く

なったり、年に2回は風邪をひくようになったりと明らかに

体調が悪い方向へと変わっていっていました。

食パンを朝に食べ始めたのも、一人暮らしが始まったからです。

 

そして、その美人さんに言われたことと、全く同じことを

別の知り合いからも言われ、より自分の中で意識するようになりました。

 

とりあえず、朝に食パンを食べるのは控えよう!

→じゃあ替わりに何食べるか?→考えるのめんどくさい

→朝ごはんも食べない方がいいとか聞いた気がする

→じゃあ、いっそのこと朝ごはんも食べないようにしよう!

 

みたいな発想に至り、今のスタイルになりましたw

 

でも、その頃はグルテンフリーって言葉すら知らなかったんです。

 

グルテンフリーについて何となく調べてみました!

朝パンをやめてから、自然と小麦食品を使った食べ物を

控えるようになっていきました。

粉もん大好きなので時折、誘惑に負けますがw

 

とはいえ、特に知識もなく「小麦が悪いもの」と考えてしまうのも

しっくりこないので、ちょこっとだけ調べてみました。

1.そもそもがグルテンって何?

f:id:blackspider-playboy-cool:20180420173806j:plain

最初にグルテンって結局のところ何?っていうところですが、

簡単に言うと小麦に含まれるたんぱく質のことです。

小麦粉と水をこねると形成されるたんぱく質で、粘り気があり、

うどんのコシや、お菓子を作るときに生地がまとまるのもグルテンの作用です。

 

グルテンの含有量の多さで名称が替わり、

多い方から強力粉・中力粉・薄力粉と分類されます。

グルテンが含まれているのは一般的に流通している小麦(デュラム粉)で

ライ麦やオーツ麦などは少量、はと麦・キビ・アワなどは

グルテンフリーとされています。

 

2.グルテンフリーだと何がいいのか?

そもそもグルテンフリーは、グルテンに摂取するとアレルギー反応を

起こしてしまう人たちの体質改善を目的とした食事療法として誕生しました。

 

グルテンにはいくつかの特徴があります。

先にあげたアレルギー反応の他に、グルテン自体が分解されにくため、

グルテンに対する分解酵素がない(少ない)人は消化不良や、

それに伴った下痢・疲労感・頭痛などの症状が出る可能性があるそうです。

 

僕がびっくしたのはグルテンには中毒性があると言うことです。

3.グルテンが持つ中毒性

「ケーキが大好き」「粉モンがやめれない」という方は

グルテン中毒になっているかもしれません。

 

グルテンは分解されるとその一部がポリペプチド混合物という物質に

分解され脳の神経伝達に影響を与えます。

このポリペプチド混合物、実はモルヒネと同じ様な中毒性があるんです。

 

グルテンが体内から抜けるには、3ヶ月かかるとされており、この中毒性で

中々グルテン断ちできる人が少ない理由ともなっています。

 

グルテンフリーを始めてみる

僕も調べてみて、改めてグルテン(小麦)って怖いなぁって感じました。

「明日から、小麦)グルテン)を断ってみよう!」

とは意気込んでみても…

  • 小麦製品(パン、パスタ、ラーメンなど)
  • シリアル
  • カレールウなど
  • 醤油(たまり醤油などはOK)

ざっとあげてもこれだけの食品たちにグルテンが入っているとされています。

 

いやいや、めちゃグルテン使われてるやんw

って感じますよね。

どこかで気をつけても、別のどこかでグルテン摂ってしまうやんw

 

なので、僕はいきなり断つのは難しいと思い、ちょっとずつ

減らして行けばいいかと思います。

僕も朝のパンをやめるのは、今思うとかなりキツかったです。

 

腹は減るし、何だかんだでパン好きなので…

 

なのでにはいきなり断つというよりは「置き換える」みては

いかがでしょうか?

米粉・そば粉・おからパウダー・ココナッツ粉etc

グルテンが含まれていない食品もちゃんとあります。

前に、米粉でパンを作ったことがあるのですが、めちゃ美味かったです。

 

僕もグルテンフリーとまでは行きませんが、やはり小麦食品を意識して

減らしてみると、体調が良くなったのか風邪を引かなくなりました。

 

ただし、体調や体質は人によって個人差があります。

自分に合った方法で試してみてください。

 

ではでは。